離婚相談・夫婦問題・財産分与・慰謝料・親権・養育費・別居・不貞行為・など複雑な問題を私達、「関東出張離婚相談所」にお任せ下さい。

児童 扶養 手当 離婚 相談

複雑な離婚問題を解決するため一人一人に適した手続をご提案致します

離婚届に判を押す前に、まずご相談を下さい。あなたの悩みを解決します!! フリーダイヤル:0120-963-592

関東出張離婚相談所は、離婚相談の専門家がお客様のお近くまで出張し、直接お会いしてのご面談をさせていただきます。出張範囲は大阪府、京都府、奈良県、兵庫県(一部地域を除く、詳しくはご相談ください。)とさせていただきます。また、遠方のお客様には電話による離婚相談も受付けております。

関東出張離婚相談所-児童扶養手当とは

児童扶養手当は、母子家庭等を支援・援助するための公的な制度です。 以下、児童扶養手当について記載します。

* くわしい内容や受給要件等は、市町村役場で必ずご確認ください。

TOP

関東出張離婚相談所-手当を受けることができる人

父と生計を同じくしていない、次のいずれかに該当する、18歳に達する日以後の最初の3月31日(一定の障害のある児童は20歳)までの児童を監護している母、または母に代わって児童を養育している人が受給できます。
ただし、公的年金・遺族補償を受給できる場合や日本国内に住所がない場合は、児童扶養手当は支給されません。

  1. 父母が婚姻を解消した児童
  2. 父が死亡した児童
  3. 父が重度の障害状態にある児童
  4. 父の生死が明らかでない児童
  5. 父から1年以上遺棄されている児童
  6. 父が法令により1年以上拘禁されている児童
  7. 母が婚姻によらないで出産した児童

TOP

関東出張離婚相談所-手当の月額について

所得に応じて、以下の表の月額が受給できます。

対象児童数
全部支給
一部支給
1人目
41,880円
41,870円〜9,880円
2人目
5,000円を加算
3人目以降
1人増えるごとに3,000円を加算

* 支給開始月から5年、または支給要件に該当した月から7年のどちらか早い方が経過したときは、政令により手当の一部が支給されなくなります。

* 一部支給の計算方法
一部停止額 =(算定所得額−全部支給所得制限額)× 0.0184913
手当の月額 =41,880円 − 一部停止額

TOP

関東出張離婚相談所-所得制限

所得が多い場合は、手当の額が少なくなったり、手当が受給できないこともあります。

税申告上の
扶養親族等の数
母または養育者
扶養義務者・配偶者・
孤児等の養育者
全部支給
一部支給
0人
19万円未満
192万円未満
236万円未満
1人
57万円未満
230万円未満
274万円未満
2人
95万円未満
268万円未満
312万円未満
3人
133万円未満
306万円未満
350万円未満

TOP

関東出張離婚相談所-所得額の計算方法

算定所得額 = (1) 所得額 +(2) 養育費 − (3) 8万円 − (4) 諸控除

    (1) 所得額:給与所得者は、給与所得控除後の額
    (確定申告者は、収入金額等から必要経費を引いた額)
    (2) 養育費:児童の父から受け取る金品等の金額の8割
    (3) 8万円:社会保険料等として一律に定額で決められた額
    (4) 諸控除:障害者控除、特別障害者控除、老年者控除など

TOP

関東出張離婚相談所-支払時期

手当は、認定請求した日の属する月の翌月分から支給されます。
手当の支払は、銀行振込により、4月・8月・12月にそれぞれ前月分までが支給されます。

TOP

関東出張離婚相談所-支給手続

手当を受給するには、市町村役場で申請を行い、認定を受ける必要があります。
手続きに必要な書類などは、市町村役場に問い合わせてください。

関東出張離婚相談所-ご相談窓口フォームへ

TOP

Copyright (C) 2008 関東出張離婚相談所 All Rights Reserved.