夫婦問題・財産分与・慰謝料・親権・養育費・別居・不貞行為・など複雑な問題を私達にお任せ下さい。

税金 離婚 相談

複雑な離こん問題を解決するため一人一人に適した手続をご提案

離コン届に判を押す前に、まずご相談を下さい。あなたの悩みを解決!! フリーダイヤル:0120-963-592

関東出張離婚相談所は、り婚相談の専門家がお客様のお近くまで出張し、直接お会いしてのご面談。出張範囲は大阪府、京都府、奈良県、兵庫県(一部地域を除く、詳しくはご相談ください)。また、遠方のお客様には電話によるリ婚相談も受付中。

関東出張離婚相談所-離婚したときの税金

離婚により財産を分与したときは、税金がかかる場合があります。 以下、離婚したときの税金について記載します。

* くわしい内容や税控除の要件・申告の方法などは、税務署で必ずご確認ください。

TOP

関東出張離婚相談所-金銭での支払い

慰謝料、財産分与、養育費を金銭で支払ってもらった場合は、支払う側・支払ってもらう側の双方ともに、原則として税金はかかりません。

ただし、たとえ金銭で支払ってもらったものであっても以下の場合には、税金がかかることがあります。

  1. 離婚によって支払ってもらった金銭の額が、婚姻期間中に夫婦で築いた財産の価格や、その他すべての事情を考慮してもなお多過ぎるような場合。このような場合は、一般妥当とされる額を超えた部分について贈与税がかかります。つまり、『婚姻期間中に築いた夫婦の共有財産以上の額の財産分与』、『離婚原因などの事情を考慮してもあまりに多すぎる慰謝料』、『子供を扶養するのに通常必要と言える以上の養育費』などには贈与税がかかります。
  2. 贈与税や相続税を免れるために離婚したような場合は、支払ってもらった財産の全てに贈与税がかかります。

TOP

関東出張離婚相談所-不動産での支払い

離婚により不動産を譲り渡した場合は、その譲り渡した側(支払った側)に譲渡所得税がかかりますし、譲り受ける側(支払ってもらった側)には不動産取得税がかかります。

1、支払う側に課税される譲渡所得税

    譲渡所得税額は、以下の計算式で算出されます。

    譲渡所得税額 = 譲渡所得 × 税率

  • 譲渡所得
    譲渡所得 = 譲渡収入金額 −( 取得額 + 譲渡費用 )− 特別控除
    * 譲渡収入金額:離婚で分与したときのその不動産の時価ということになります。
    * 取得額   :その不動産を買ったときの購入費用な ど。
    * 譲渡費用  :登記費用など。
    * 特別控除  :譲り渡す側(支払う側)が居住していた不動産を分与するのであれば、『譲渡所得の特別控除3,000万円』が適用されます。ただし、譲渡所得の特別控除は、『親族以外の者への譲渡』でなければ適用されませんので、離婚成立後に譲渡することが条件になります。

    ですから、離婚によって分与するときのその不動産の時価が、購入価格より値下がりしているような場合は、譲渡所得税は課税されません。


  • 税率
    長期間所有している居住用不動産であれば、『居住用資産の軽減税率』が適用されます。

    譲渡した年の1月1日の時点で所有期間が5年を超えていれば長期譲渡、5年以下であれば短期譲渡です。
 
所得税
住民税
短期譲渡
30%
9%
長期譲渡
15%
5%

2、支払ってもらう側に課税される不動産取得税

    不動産取得税は、原則として以下の計算式で算出されます。

    不動産取得税 = 固定資産評価額 × 3%

TOP

関東出張離婚相談所-参考:離婚成立前に不動産を贈与する場合の贈与税

婚姻期間が20年以上の夫婦で、居住用不動産を贈与する場合は、『贈与税の基礎控除110万円』と『配偶者控除2000万円の特例』が適用されます。
離婚成立前(夫婦である間)に基礎控除と配偶者控除の適用を受けて贈与すれば、合計2,110万円までが非課税となります。

関東出張離婚相談所-ご相談窓口フォームへ

TOP

Copyright (C) 2008 関東出張離婚相談所 All Rights Reserved.